押さえておきたい杖の正しい使い方とお手入れ方法!

押さえておきたい杖の正しい使い方とお手入れ方法!

ウォーキングなどの運動中、杖で体を安定させて足腰の負担を軽減するためには、正しい使い方を押さえることが大切です。ここでは、杖の正しい使い方やお手入れ方法についてご紹介します。

杖の正しい使い方

杖の正しい使い方

持ち方のポイント

まず、杖はどちらの手で持つかというと、痛みがあったり力が入らない足とは反対の手で持ちます。杖は持ち手側に重心がかかるため、例えば右手で杖を持つと右足に負担がかかるようになります。

その分、左足への負担が軽減されるため、左足を補助したい場合は右手に杖を持つようにします。手は腰骨あたりにくるようにして、手をできるだけ離さないことで安定して杖を使用できます。

歩き方のポイント

歩き方のポイントは、まず杖を先に出してから補助したい足を出し、もう片方の足を出すという動作を繰り返します。

階段を上がるときは上の段に杖、良い方の足という順番で乗せて、最後に補助したい足を上の段に乗せるのを繰り返して上がっていきます。

また、階段を降りるときは、下の段に杖を乗せてから補助したい方の足を先に、そして最後に良い方の足を乗せて下ります。

杖の素材別のお手入れ方法

杖の素材別のお手入れ方法

杖のお手入れは素材によって方法が異なります。例えば木製の場合、使用後は濡らした布で汚れを落とし、乾いた布で水分を拭き取るのが基本です。高温多湿の場所や直射日光が当たる場所は避けて保管します。

カーボン製の杖も濡らした布で汚れを拭き取ります。それでも落ちない汚れは、薄めた洗剤を使用すると落とせるケースがあります。

アルミ製も拭き取り方は基本的に同じですが、表面の塗装やコーティングが傷つかないよう、使用する布や拭き方には注意が必要です。

ゴムの劣化をチェックする

杖を安全に使用するためには、日頃から杖の状態をチェックすることが大切です。

特に滑り止めの役割を担う杖の先ゴムは、使用するうちに少しずつ擦り減っていきます。そのままにしておくと滑りやすくなるため、擦り減りが目立つ場合は早めに交換しましょう。

また、折りたたみ式の杖はシャフト内部にゴムがあります。そのゴムの劣化具合もチェックします。ゴムは温度の変化に敏感なので、保管場所にも注意が必要です。

杖の正しい使い方やお手入れ方法をご紹介しました。ウォーキングが楽しくなる杖をお探しなら、BONLABの通販をご利用ください。

メイドインジャパンの品質を持つ商品をご案内しています。グリップは独自設計のシェル構造で、軽量かつ丈夫なことが特徴です。ウォーキング中も安全にご使用いただけます。

ウォーキングが楽しくなる杖はBONLAB

サイト名 BONLAB
Address 〒125-0062 東京都葛飾区青戸5-11-21
Phone 03-3690-0423
Email info@bonlab.jp
URL https://bonlab.jp/

Contact

  お問い合わせやご相談
お試しご利用や貸出についてもご相談ください。
短期間のリースも可能です。
プレゼント用包装もご要望があれば対応可能ですのでお問い合わせください。

fb-logo-min BONLAB公式
  • Email
    info [ijunhybgt0587349vfrcdexswax0415872451dcrfvtgbyhunjimk] bonlab [asdfghjkloi20947852uytrewzxcvbnm20943857wsedrftgyhuj] jp
  • Phone 03-3690-0423
  • Address 東京都葛飾区青戸5-11-21